手軽に防音室にできる!ご近所トラブルも回避可能

集合住宅における防音

レディ

自分で行う音の対策

騒音は、生活の中で身近であるが故に、私たちのストレスの原因ともなりうる問題です。特に集合住宅では、隣の部屋と壁一枚の隔たりしかないので、音が伝わりやすく、近隣住民とのトラブルの元になることも少なくありません。その上、賃貸住宅では大規模な防音工事が行えないため、壁や天井、床の間に吸音材を挿入することができません。壁が薄く、隣の部屋の生活音が丸聞こえで困っている人向けの騒音対策をお教えします。部屋の工事ができないと、壁の中に吸音材を入れるようなことはできませんが、入れるひつようのないものもあります。おしゃれな模様がプリントされた吸音板なら、壁に貼り付けて壁紙のように見せることができ、インテリアを損なうことがありまあせん。マットレスのように床に敷くタイプのものなら、衝撃吸収の役割もあり、じゅうたんの代わりにもなります。このように、防音効果のある家具を設置することにより、部屋の内装を新しくしながら騒音対策ができます。騒音対策は、自分の部屋から周囲に出ている音の対策も重要です。防音方法は様々にありますが、そもそも騒音の元となる音を発生させないことが一番の騒音対策と言えるでしょう。日常の生活音の場合、昼間ならあまり気にならない音でも、深夜では耳障りになることがあります。特にバタバタと歩く足音や大きすぎるテレビの音、大声での会話はマナー違反になります。自分が発生させている生活音が周囲の部屋に響いていないか、注意して生活するようにしましょう。マナーを守ることが、騒音対策につながります。また防音工事をしてくれる業者を探すときは、口コミサイトを活用するのもいいでしょう。実際に工事を依頼した方が評価しているので、サービス内容を細かく把握できます。